「石と古本 石英書房」の日々

お店の最新情報と、石や本、お散歩その他、店主の好きな物事について綴ります。

お知らせ

※こちらは「石と古本 石英書房」についてのご案内です。


 最新の記事は、この下から始まります。






 HPを作りました! (こちら) 
 まだまだ手探り状態ではありますが、よろしければご参照下さい。



「古本 石英書房」は、2012年11月30日をもって
田端の実店舗での営業を終了致しました。


その後六年の時を経て2018年11月23日より、
墨田区向島にて再び実店舗を始めることになりました。




f:id:cloudy23:20181124120329j:plain



f:id:cloudy23:20181123112222j:plain



東京都墨田区向島1-14-8



最寄り駅は、東武線「とうきょうスカイツリー」と
都営浅草線本所吾妻橋」。
どちらの駅からも徒歩五分ほどです。


都営バスの最寄り停留所は「言問橋」 (業10・草39・上26)。
停留所の位置は複数ありますが、
いずれからも徒歩二分ほどです。



店主が探してきた様々な個性の石各種、古本、ちょっと懐かしさのある雑貨等の販売と、
店主の父が長年かけて集めた郷土玩具等の展示をしております。





勝手ながらしばらくの間、予約制での営業とさせていただきます。申し訳ございません。


恐れ入りますが、ご来店の際は下記の連絡先までお問い合わせ下さい。
ご都合にはできるだけ対応させていただきます。
もちろんご購入の義務などはございません。小さな空間ですが、お気軽にお出掛け下さいませ。



古本市・イベント等へも引き続き参加して参ります。



お問い合わせは sekieishobou★gmail.com (★を@に変換) 
    090-8441-9762 または
         当ブログのコメント欄へお願い致します。

facebook問題について

昨日発覚したことでお知らせです。


facebookから石英書房を探すと、「古本 石英書房」として北区田端の旧住所・電話番号を表示したページに飛んでしまうようです。

現在の石英書房は「石と古本 石英書房」として、墨田区向島に店舗を置いています。もともとfacebookはしておりません。

恐れ入りますが、検索の際はご注意下さいますようお願い申し上げます。


改めて、正しい所在地です。

東京都墨田区向島1-14-8
03-6751-8245

最寄り駅は「とうきょうスカイツリー」または
本所吾妻橋」です。


旧情報を削除できたらと思いますが、その術が分かりません。そのためご迷惑をおかけする場合があることと思います。何卒ご容赦下さいませ。

どうぞよろしくお願い致します。

「キセカエ」始動

石英書房の場所を使って、新たな企画が始まることになりました。

墨田区東向島の「仕立 直や」さんによる、
「キセカエ」です。

洋服の上から着られる着物で、スカイツリーを背景に撮影していただくという内容です。
着付は簡単で、座ったままでも着られるように工夫されたつくりの着物になっています。もちろん、直やさんのお仕立です。


先日、車椅子をご使用の方にお試しいただきました。

f:id:cloudy23:20200211133208j:plain



羽織を変えてイメージを変えます。

f:id:cloudy23:20200211133749j:plain



次は振袖。

f:id:cloudy23:20200211140259j:plain

着物のアップ。


石英店舗からすぐそばの源森橋に移動です。


f:id:cloudy23:20200211141332j:plain


タイミングが合えば、電車も一緒に撮れます。今回は特急なので、ますます幸運でした。と、勝手に思う私。


ブログ記事やチラシに使うべく何度も何度も撮らせていただいた時間、お召換えも含め、ここまででおよそ一時間。風がやや冷たい中ではありましたが、お楽しみいただけたようでした。


このような企画です。
石英書房の店舗がスカイツリーそばの立地ということで、このたび拠点としてお声掛けいただきました。撮影中は荷物置き場などとしてお使いいただけましたらと思います。


三月三日(火)に、プレ・キセカエとして
「桃の節句にキセカエ!」を実施致します。
時間、料金など詳細は、「仕立 直や」さんのページをご参照下さい。

https://naoyatic.exblog.jp/20181621/

https://naoyatic.exblog.jp/27969504/


予約制、雨天延期です。
撮影機材はご自身でのご用意をお願い致します。


ご興味をお持ちの方、ぜひ 直や さんまでお気軽にお問い合わせ下さいませ。ご予約も 直や さんで受付となります。

皆様のご参加をお待ち申し上げております。

「鉄」分、追加

「旅のお座敷ブックマルシェ」に追加補充をしました。


f:id:cloudy23:20200209150513j:plain


今回も本、石、雑貨の三ジャンル追加ですが、特に鉄道関係が多めです。


f:id:cloudy23:20200208150408j:plain


f:id:cloudy23:20200209143459j:plain

「鉄」一同です。
 ※既に売却済みの品もございます。


二月末までの会期中、まだまだこまめに追加の予定です。引き続きよろしくお願い致します。



※2月11日は祝日ですが、火曜日のため、
一軒家カフェikkA・甘夏書店共にお休みです。
ご注意下さい。火曜水曜定休です。

土浦のひなまつり

こちらにお邪魔しました。

f:id:cloudy23:20200207155825j:plain



まずは黒猫文庫さんの展示。
当店も参加している春と秋の古本市の会場でもある「がばんクリエイティブルーム」です。


f:id:cloudy23:20200207155536j:plain


ひな人形、ペア人形、女の子の懐かしいおもちゃなどがいっぱい!自分も持っていた、欲しかったようなものが多くて、「わぁ〜!」という声が自然にどんどん出てきます。


f:id:cloudy23:20200207155633j:plain



f:id:cloudy23:20200207110909j:plain



f:id:cloudy23:20200207113702j:plain



f:id:cloudy23:20200207115847j:plain



f:id:cloudy23:20200207155512j:plain



f:id:cloudy23:20200207111342j:plain

シャーロック・ホームズの居間。精巧です。


いらっしゃるご面識のないお客様とも話が弾んでしまう、夢の空間。心が懐かしさに溢れる喜び。




次に向かったのは、すぐご近所の長谷川商店さん。

f:id:cloudy23:20200207141008j:plain



f:id:cloudy23:20200207141054j:plain


ちょうど混雑時に伺ってしまったので、画像は少しだけ。ひな人形と郷土玩具がたくさん展示されています。
こちらの二階は素敵な個性が煌めく手芸品もいっぱいです。


f:id:cloudy23:20200207144444j:plain

連れ帰ることになった猫ペアの記念撮影。
靴下から生まれました。




どちらの展示も飾り方が楽しげで親しみ深い感じで、まるで自分のもののように眺めさせていただきました。
心の奥にしまってあった宝箱を開けて潜り込むような心地よさ。ちょっぴり切なさもあるのは、もう戻れない時間だからでしょうか。


良い意味での感情の揺さぶられる時間があってこそ、日々を頑張れる活力が得られるのだと感謝しつつ、電車に揺られて帰りました。

梅の季節

梅の花をあちこちで見かけるようになりました。
去年は亀戸天神でじっくり楽しみました。今年もゆっくりしっかり梅見ができたらと、タイミングをはかっています。


f:id:cloudy23:20200205165317j:plain


梅とスカイツリーと月と鳥。
主役の筈の梅は全然うまく撮れていませんが・・・。

白梅も紅梅もそれぞれに魅力的。しばらくの間、追っかけをしようと思います。

そんな時間が心身にとっての力となりそうです。




f:id:cloudy23:20200205165814j:plain

どこか不安な気持ちを掻き立てられるような雲。でも、それが個性だし面白い。人もそうなのかもしれないとふと思う、冬のひとときでした。

毬、追加しました

「旅のお座敷ブックマルシェ」情報。
gëmimiさん制作の「インドの毬」を追加しました。


f:id:cloudy23:20200203152129j:plain


色合わせが絶妙です。

今後も追加予定ですが、色合いは次々変わります。次は渋め、ダーク系の予定です。
どちらもぜひご覧下さい。


本、石、雑貨も随時追加して参ります。



今日のお茶はケニアチャイ。

f:id:cloudy23:20200203143320j:plain

温まります。

毬と私

開催中!

f:id:cloudy23:20200124171544j:plain


本日、本・石・雑貨各品を追加しました。
目標は毎週の追加。よろしくお願い致します。


f:id:cloudy23:20200131150440j:plain


「インドの毬」への思いも追加で掲げました。

心の奥にしまったきり忘れていた、宝物を掘り出したような気持ちです。
ご一読いただけましたら幸いです。
一つ前の記事もご参照下さい。

毬は、一つ一つワイヤーの色やビーズの組み合わせが異なっており、色によってずいぶん雰囲気が変わります。現在、残三点です。
好評につき、近日追加しますので、どうぞご覧になってみて下さい。

アクセスカウンター