「石と古本 石英書房」の日々

お店の最新情報と、石や本、お散歩その他、店主の好きな物事について綴ります。

お知らせ

※こちらは「石と古本 石英書房」についてのご案内です。


 最新の記事は、この下から始まります。






 HPを作りました! (こちら) 
 まだまだ手探り状態ではありますが、よろしければご参照下さい。



「古本 石英書房」は、2012年11月30日をもって
田端の実店舗での営業を終了致しました。


その後六年の時を経て2018年11月23日より、
墨田区向島にて再び実店舗を始めることになりました。




f:id:cloudy23:20181124120329j:plain



f:id:cloudy23:20181123112222j:plain



東京都墨田区向島1-14-8



最寄り駅は、東武線「とうきょうスカイツリー」と
都営浅草線本所吾妻橋」。
どちらの駅からも徒歩五分ほどです。


都営バスの最寄り停留所は「言問橋」 (業10・草39・上26)。
停留所の位置は複数ありますが、
いずれからも徒歩二分ほどです。



店主が探してきた様々な個性の石各種、古本、ちょっと懐かしさのある雑貨等の販売と、
店主の父が長年かけて集めた郷土玩具等の展示をしております。





勝手ながらしばらくの間、予約制での営業とさせていただきます。申し訳ございません。


恐れ入りますが、ご来店の際は下記の連絡先までお問い合わせ下さい。
ご都合にはできるだけ対応させていただきます。
もちろんご購入の義務などはございません。小さな空間ですが、お気軽にお出掛け下さいませ。



古本市・イベント等へも引き続き参加して参ります。



お問い合わせは sekieishobou★gmail.com (★を@に変換) 
    090-8441-9762 または
         当ブログのコメント欄へお願い致します。

公園にて

「本と花を贈る日」は終了しました。
暑い中をお越し下さいました皆様、誠にありがとうございました。

少々の油断で一時は熱中症の気配も漂わせてしまった店主ですが、先週に引き続いての屋外活動はとても楽しかったです。石や本のお話もあれこれと。


大いなる救いとなった木陰を作ってくれた木。



美味しかったモヒート(アルコールなし)。
車で販売されていたのは「Ipcress Lounge」さん。石英書房のご近所さんです。






出店者一同のメッセージです。



「歩く本棚」さんの装備に目を奪われました。


あれこれお尋ねした上に、背負わせていただいてしまいました。予想よりも快適で、いいなあと思いました。


背後からときどきしゃぼん玉がとんでくるのも良い風情でした。


以上、そよ風ひろばでの思い出を並べてみました。

イベント等参加情報

先日の「スカイツリー蚤の市」にお越し下さいました皆様、誠にありがとうございました。

青空の下で石を並べたのは久しぶりのこと、ご覧下さった皆様とお話できて、店主こそが楽しませていただいたという思いです。感謝申し上げます。


今月は、実は出店等が続いております。
簡単にご案内を。 


▶ikkAまるごとブックマルシェ2
ふるほんピクニック

5月22日(日)まで開催中です。
随時追加も予定しています。


火曜水曜は定休日です。ご注意下さい。




▶アトリエ*ローゼンホルツ展示

今年はアトリエ2階の小部屋で通年展示をさせていただいているのですが、先日展示替えをしました。今回は「新緑の森、ときどき空」と、自身の中で勝手にタイトルも浮かびました。


メンバー一同。







屋根裏の小部屋で寛ぎながらお楽しみいただけたら嬉しいです。

アトリエ*ローゼンホルツさんのブログ等もご参照下さい。




▶本と花を贈る日

 


今週末も屋台持参での屋外出店です。
昨年開催できなかった分も楽しみにしております。


どうぞよろしくお願い致します。

スカイツリー蚤の市

唐突ですが・・・

現在開催中です。


f:id:cloudy23:20220416110117j:plain
 


f:id:cloudy23:20220416110111j:plain



f:id:cloudy23:20220416112402j:plain

こんなコーナーも。

ひとり蚤の市の経験はありますが、本物(?)の蚤の市への出店は初めて。
古着物の「キセカエ」さん(向島1)と
古道具の「やまちゃん」さん(向島3)との合同出店です。
※「やまちゃん」さんは、実店舗ではぬか漬けも販売していらっしゃいます。


石英書房はこんな感じ。


f:id:cloudy23:20220416110132j:plain


スカイツリーの4階、スカイアリーナにて、
17時までです。


f:id:cloudy23:20220416113636j:plain


よろしくお願い致します。

富山もの

次々回の「民芸お菓子」のための郷土玩具を探し、更に開かずの箱も少々開けてみたところ、発見しました。


f:id:cloudy23:20220315152625j:plain


富山の土鈴たち。
前回の富山編でも使いたかった・・・。

やはり、たとえ僅かずつでも発掘作業はしていないと、と反省しました。
山のような開かずの箱の存在からは目を背けがちですが、頑張らないと。
山脈のような本も何とかしなければ・・・。
作業をなかなか進められない自分がもどかしい。




春の気配はますます濃厚に。
同時に発生する花粉問題は憂鬱ですが、花々との再会は嬉しいです。  


f:id:cloudy23:20220302181256j:plain



f:id:cloudy23:20220302181549j:plain


このときばかりは、周囲の無人を確かめてそっとマスクを外し、梅の香を楽しむのです。
毎年のことながら懐かしい、芳香。

お菓子と和紙と

今回の「民芸お菓子」の会は、富山編その2でした。

f:id:cloudy23:20220228150103j:plain

こちらの本から、毎月選んで楽しませていただいています。


f:id:cloudy23:20220225120200j:plain

楽しんだものもの一同。


まずはお菓子。

f:id:cloudy23:20220225132140j:plain

お菓子そのものはもちろん、包み紙や箱のデザインにも注目どころがいっぱいです。


f:id:cloudy23:20220225132906j:plain

今回も、何種類ものお菓子を食しました。
どれも美味しい。


f:id:cloudy23:20220225133126j:plain

想像以上の軽さとふわふわ具合、そして唯一無二と感じられた味でした。しいて言えばマシュマロが比較的近いのだと思いますが、でも違う・・・。やはり和菓子だと思いました。


f:id:cloudy23:20220225134020j:plain

こちらもまた、予想を(良い意味で)裏切る食感と味でした。甘くない小豆の深い味が印象的です。

f:id:cloudy23:20220225201600j:plain

デザイン違い。こういう「もの」にも私は無性に惹かれます。


本の写真はそれぞれのお菓子の魅力を存分に伝える丁寧なものばかりで、だからこそ「食べたい!」と切に思うのです。けれども、実際の味や食感は現物と直接向き合わないと分からないものだなあと改めて思います。
接触れないで正確でない判断をしていることは、他でもあるのではないか・・・などと少々横道に逸れたことまで考えてしまいました。

美味しい!
この一言が自然に出る、それだけで十分素敵なことなのです。

自分が食べたことのないものを口にできることでも微かな旅気分を実感できて嬉しいです。



富山にも各種郷土玩具はあるのですが、我が父のコレクションの“埋もれた部分”からまだ掘り出せず。「蛇の目土鈴」など、確かに昔見た記憶があるのですが。

富山編の一回目で持参したものに加えて、自分が欲しくて先日「備後屋」さんで購入してきたものを並べてみました。




ちなみに、富山編その1で並べたのはこちら。

f:id:cloudy23:20210908133607j:plain 

五箇山紙塑人形のだるまと、芹沢けい介(けいは金偏に圭)のカレンダー。このカレンダーは八尾和紙の工房、桂樹舎さん作。眺め飽きることがありません。今でも毎年作られています。


更にちなみに、このときのお菓子はこちら。

f:id:cloudy23:20210908133706j:plain


f:id:cloudy23:20210908133849j:plain

これもまた、画像からは想像し得ない食感と味だったのでした。完全和風と思いきや、洋風の気配がある味に驚きました。美味です。



現在に戻ります。

f:id:cloudy23:20220225120452j:plain

ずっとこの箱に憧れておりました。
民芸を身近に感じる会に参加している今こそ好機と(口実?)、入手しました。散々迷って選んだこの柄の名は「七宝」です。グレーが好き。

ノートもグレー。一目惚れでした。

八尾和紙は、字を書くためというよりは加工する紙とのことで、富山の薬売りのカバンにも使われていたという説明を見かけました。本当にしっかりとした紙です。


以前にも綴ったかもしれませんが、最初に訪れたときから富山には惹かれるものがありました。何だか心が落ち着くのです。何度か訪れていますが、まだまだ行きたいところばかり。
富山に限らずあちこち旅したいのも確かですが、田舎らしい田舎を持たない私は、まずどこか一点をそれなりに極めてみたいという思いも抱いています。その有力候補です。

上の画像のノートを「富山ノート」にして、いろいろ書き込みはじめています。次の旅のお供にできるように。


楽しい集まりが更なる思いを広げていきます。
次回も楽しもう。

2月の日々

間が空いてばかりのブログで失礼します。
取り急ぎ、私の近頃の生活の一コマなどを。


f:id:cloudy23:20220211103545j:plain

先日の雪の翌日の、石英店舗至近の隅田公園


f:id:cloudy23:20220211103448j:plain

小ぶりだし斜めになっているけれど、一生懸命咲いている感じにいじらしさを覚える梅の木。

画像向かって右奥にはかわいい雪だるま、左奥にはちょうど通った特急列車が見えます。




f:id:cloudy23:20220216141130j:plain

石英」とお茶。
私にとっては辻褄の合う、素敵な組み合わせです。



f:id:cloudy23:20220217102055j:plain

再び隅田公園
微かながら春の気配を感じます。



f:id:cloudy23:20220217112556j:plain

石英店舗内。
今の時期は、午前11時半前後に日が射します。
自然光、殊に太陽の直射もまた石を輝かせます(色褪せ注意な石もありますが)。



f:id:cloudy23:20220217131236j:plain

久しぶりの「お茶尽くし」ランチ。


(おまけ)
  
f:id:cloudy23:20220220123024j:plain

不意に母が食べたいと言い出したので、探してきたフィンガーチョコレート。母は「棒チョコ」と呼びます。私にとっても懐かしい味でした。



あのとき撮っておけばよかった・・・と思う景色もまだまだあるのですが、取り敢えずこれらが記憶を呼び起こしてくれるかなと。

駆け足で過ぎていきつつある、私の2月の日々です。

アクセスカウンター