「石と古本 石英書房」の日々

お店の最新情報と、石や本、お散歩その他、店主の好きな物事について綴ります。

お知らせ

※こちらは「石と古本 石英書房」についてのご案内です。


 最新の記事は、この下から始まります。






 HPを作りました! (こちら) 
 まだまだ手探り状態ではありますが、よろしければご参照下さい。



「古本 石英書房」は、2012年11月30日をもって
田端の実店舗での営業を終了致しました。


その後六年の時を経て2018年11月23日より、
墨田区向島にて再び実店舗を始めることになりました!




f:id:cloudy23:20181124120329j:plain



f:id:cloudy23:20181123112222j:plain



東京都墨田区向島1-14-8



最寄り駅は、東武線「とうきょうスカイツリー」と
都営浅草線本所吾妻橋」。
どちらの駅からも徒歩五分ほどです。


都営バスの最寄り停留所は「言問橋」 (業10・草39・上26)。
停留所の位置は複数ありますが、
いずれからも徒歩二分ほどです。



当面は、月に10日間程度の不定営業となります。


6月の営業日はこちらです。

f:id:cloudy23:20190528140736j:plain



変更の際は、店頭と最新の記事でお知らせします。お手数ですがご確認の上、ご来店いただけましたら幸いです。





古本市・イベント等へも引き続き参加して参ります。



お問い合わせは sekieishobou★gmail.com (★を@に変換) 
    090-8441-9762 または
         当ブログのコメント欄へお願い致します。

展示風景

前回の話、その後、田辺聖子さんの本は
『夜あけのさよなら』→ 『鏡をみてはいけません』と読み継いでいます。
読みながら、ああ、もういないんだ・・・とふと思ったり。




現在の、他所での展示の模様をお伝えさせていただきます。

こちらは、開催中の
「本と手ぬぐい 4 in 玉ノ井カフェ.」の様子。
搬入時のものです。  


f:id:cloudy23:20190531193925j:plain



f:id:cloudy23:20190531191119j:plain  



f:id:cloudy23:20190531193958j:plain




こちらは、アトリエ*ローゼンホルツさんです。
石の入れ替えをしました。
ガーデンクォーツ、ジャスパーのような柄物(?)多めです。

 
f:id:cloudy23:20190612115924j:plain



f:id:cloudy23:20190612115941j:plain



f:id:cloudy23:20190612120200j:plain



f:id:cloudy23:20190612120249j:plain


中央奥の石(ヒマラヤ産ガーデンクォーツ)は、横向き姿も。

f:id:cloudy23:20190612120221j:plain



アトリエは暑さのため、7月・8月はお休みとなります。ご注意下さい。


f:id:cloudy23:20190612132006j:plain



この二日間の晴れ間はなかなか貴重だったと思います。
明日は大雨の予報ですね。アトリエでのケアラーカフェはいかに。余程のことがなければ、私も参加予定ですが・・・。

心の標

長靴が友となるような雨です。気温も低めです。


田辺聖子さんが亡くなられたとのこと。いつかは、と分かっていつつも大変残念です。

ずいぶん前にもブログで話題にしていますが、私にとっては大切な存在でした。最初に出逢った作品は『孤独な夜のココア』、中一のとき、中学校の図書室にてです。それ以来、実に長い年月、何度となく読み返しながら少しずつ作品を買い集めていました(主に文庫)。どの作品が一番!というのはあまりないくらいに、それぞれの作品世界を楽しんでいます。

今でも年に何回かは読み返しが続いています。内容はかなり詳細まで頭に染み込んでいるのに、それでも日常生活の隙間のような時間にちょっとずつ文字を辿ると、薬のようにじんわり心に効いてくるのです。田辺さんの描く人々の佇まいや心の機微、美味しそうな食べ物、美しいものへの慈しみ、みんな好きです。ときにある、ほろ苦さも。

ちょうど一昨日から昨日にかけても『恋にあっぷあっぷ』を読み返し、次はどの作品にしようかと考えていたところでした。これがもし虫の知らせというものなのだったら、その繋がり方をありがたいもののように思います。

私が作品の随所から感じていた、過度に深刻ぶらず、日々に楽しさを見いだして面白がって暮らす姿勢。そのことの案外な重みは、近年ようやく痛感できるようになったと思います。まだ続くであろう私の人生の標となりそうです。


私もそれなりに年月を経てきて、ずいぶん忘れてしまうことが増えてきました。でも、この気持ちは失いたくない記憶の一つですので、後々の自分のためにもやや詳細に綴ってみました。


何だか後から遅れて落ち込んできそうな気もしますが、とりあえずまた少しずつ読もうと思います。どの作品にしようか、引き続き考えます。


ご冥福をお祈り申し上げます。

6月のあれこれ

しばらく更新しない間に6月となり、梅雨入りまでしてしまいました。ちょっとばたばたしていると、すぐに時が流れていきます。



石英書房店舗の今月の営業日は、トップページのカレンダー画像をご参照下さい。今月も土曜日営業は少なめです。ご了承下さい。


石・古本・古雑貨、それぞれ少しずつですが新入荷
しております。

たとえば石。その一部です。

f:id:cloudy23:20190607124831j:plain

とても照りの良い結晶が集まった水晶クラスターたち。ブラジル産です。
当店とアトリエ*ローゼンホルツさんとに分けて並べる予定です。



アトリエ*ローゼンホルツさんの6月の展示は、「あきのかなこ」さんです。
 

f:id:cloudy23:20190606115103j:plain



f:id:cloudy23:20190606115225j:plain


 
f:id:cloudy23:20190606115112j:plain


あきのさんの生み出す作品には、私は単なる可愛らしさだけでなく確固たる自我のようなものを感じ、そこに魅力を覚えます。しっかりと自立しているような佇まい。・・・うまく表現できません・・・。



f:id:cloudy23:20190606114722j:plain

こちらも私のツボです。ずっと見ていられます。
間取り好きな方はぜひとも直接ご堪能下さい。
いつか完成する日が楽しみです。



アトリエでは、「湯玉ちゃん」があちこちにいます。

f:id:cloudy23:20190606115159j:plain



f:id:cloudy23:20190606115130j:plain

石英書房の石も見に来てくれています。嬉しい!


今回撮りそびれましたが、あきのさんは鉱物のキャラクターも多数描いていらっしゃいます。勝手ながら、常々石好きの同士とお見受けしています。

今月中に湯玉ちゃんが喜びそうな石を追加しますので、よろしければそちらもご覧下さい。



毎月の様変わりが楽しめるアトリエ、7月・8月は暑さのためお休みとなります。ぜひ今月中にお出かけ下さい。




こちらも開催中です!

f:id:cloudy23:20190521055632j:plain 



f:id:cloudy23:20190520151715j:plain



よろしくお願い致します。

一部訂正

先程になって気付きました。

当ブログのトップでご案内している、5月の営業日一覧の画像では6月1日(土)は営業となっておりますが、都合によりこの日は休業させていただきます。

毎月のお知らせでご覧の方にも、変更が遅れたことをお詫び申し上げます。


前回記事でご案内しました通り、6月も土曜日の営業日は一回のみ(8日)となる見込みです。
よろしくお願い致します。

続く雨音 / お知らせ

雨の音が店内にも響いています。まだまだ降りそうですね。



出店と、それに伴う営業時間変更のお知らせです。

「本と手ぬぐい 4」in 玉ノ井カフェ. に出店致します。

期間は6月1日(土)~7月30日(火)、水・木定休、営業時間は12~18時です。
一部、貸切時間のある日がございますので、ご確認の上ご来店下さい。

こちらでは、当店は少し古めの手ぬぐい(未使用です)多数と石を販売致します。石は、涼しげなものを中心にと只今選別中です。

こちらへの搬入作業のため、5月31日(金)は
17時頃までの営業とさせていただきます。



石英書房は引き続き火曜・金曜・土曜を基本営業日としておりますが、来月も土曜日は8日のみの営業となる見込みです。また、6月4日(火)は休業させていただきます。

その他の変更が生じた際は、随時こちらと店頭でお知らせ致します。
少ない営業日で恐縮ですが、何卒ご了承下さいませ。よろしくお願い致します。

連休の日々

長いようで、瞬く間に過ぎた感もある今年の特別なゴールデンウィーク。普段と特に変わらず・・・と申しつつも、案外出掛けていたことに後から気付きました。画像で振り返ります。


f:id:cloudy23:20190503155112j:plain

「えほんブックマルシェ」でいただいた、差し入れの芋きんつば




f:id:cloudy23:20190505145236j:plain

オバケダイガクさんによる「大埼玉民謡まつり」に参加。毎年恒例の「あくまき」と共に。飲み物はスパイスティーです。
会場は、門前仲町の「chaabee」さん。


f:id:cloudy23:20190505171640j:plain





f:id:cloudy23:20190506173301j:plain

文学フリマ」で配布されていた、ポメラビスコ
「(ポメラを)持ってます!」と言ったら、係の方が嬉しそうだったことがまた喜ばしかったです。
こちらには、先月アトリエ*ローゼンホルツさんで展示をされた豊泉朝子さんもご出店。濃い世界に浸りました。





そして連休が明け、アトリエ*ローゼンホルツさんの展示は宇里香菜さんに変わりました。

 
f:id:cloudy23:20190509130216j:plain




f:id:cloudy23:20190509130144j:plain 




f:id:cloudy23:20190509130300j:plain


作家さんによってがらりと変わる世界。
なんて不思議な場所だろうと思います。




f:id:cloudy23:20190510174614j:plain

写真を撮っていただいてしまいました。
こんな楽しみ方もできます。


アトリエの5月はこのような世界です。
石も近日入れ替えます。毎月違った雰囲気をお楽しみいただけましたらと思います。

山を見る

「お座敷えほんブックマルシェ」は終了しました。ご来店下さいました皆様、誠にありがとうございました。



特に遠出はしない予定だったのですが、奇跡のような偶然が重なり、急遽日帰り小旅行に出ることができました。
もう父のことはとやかく言えません(注・限定の郷土玩具やら和菓子やらを手に入れるためならば京都等までも日帰りで向かうことを厭わなかった父でした)。


f:id:cloudy23:20190502091210j:plain



f:id:cloudy23:20190502092446j:plain



f:id:cloudy23:20190502114906j:plain


三日間開催。
屋根があるので、雨天時の心配がないのは素晴らしいことです。
この日は暑かったですが・・・。


f:id:cloudy23:20190502093509j:plain


石英書房店舗に本を置かせていただいている、
石川県珠洲市の「古本LOGOS」さんのブース。

以前、金沢一箱古本市でご一緒した「あうん堂」さん、「NYANCAFE BOOKS」さん等とも久々にお会いできました。
何年もご無沙汰していたのに、本繋がりの話題がすぐにできてしまうのは、嬉しくありがたいことです。


凄い人でした。本のジャンルも幅広く、CD・レコードコーナーに加え、飲食も抜かりなくカレーコーナーが設置されています。混雑でカレーが食べられなかったのはちょっと残念でした。
年配の方から赤ちゃん連れまでお客様の年齢層も
広く、皆さん熱心に見ていらっしゃるご様子。売れている本も実に様々だったように思われました。
凄いなあ・・・。

更にプチお店番をさせていただいたり、会場至近の「古本ブックエンド」さん等を教えていただいたりと、半日本漬けで過ごしました。


いつか行きたいとずっと思っていました。「いつか」の機会はないままに消えてしまった経験も多々あるので、思いきって実現できてよかったです。まだまだお邪魔したい古本屋さんは、富山だけでも多数ありますので、そちらもいつかきっと。


f:id:cloudy23:20190502135105j:plain

ご出店で店舗は閉まっていた「デフォー」さんのショーウィンドー。



f:id:cloudy23:20190502143827j:plain

かわいいマンホールの蓋。



f:id:cloudy23:20190502135152j:plain

かわいいタイル。


こういうものも、現地で直接見てこその醍醐味。



f:id:cloudy23:20190502085411j:plain

路面電車



f:id:cloudy23:20190502082726j:plain

新幹線!(先頭は撮れず)
富山駅の天井にもわくわくします。


電車内での時間も、実は大いなる楽しみなのです。
本を読んでも、寝ていても楽しい。


急な活動の反動で少々疲労もありますが、心身に得たものも大きいかと。


f:id:cloudy23:20190502161255j:plain

いつもと異なる景色を、噛み締めるように味わいました。

アクセスカウンター